営業インターンは稼げる?経験者が語る営業インターンのお金事情

営業インターンって稼げるの?

多くの学生が気になるところですよね。
実際に、営業インターンは稼げるというイメージを持っている学生は多くいます。

しかし、稼げるからといって営業インターンを始めるのは危険です。

稼げるという甘い誘い文句に乗って始めたものの、稼げなくて辞めていく学生も多いです。

営業インターンを考えている学生は、
営業インターンのお金事情について、
理解しておく必要があります。

そこで今回は、営業インターン経験者の私が、
営業インターンのお金事情について
解説していきます。

 

 

稼げる営業インターンの特徴

会社によって稼ぎやすさが変わってくるので、稼げる営業インターンの特徴を抑えておきましょう。

稼げる営業インターンの特徴は2つあります。

1.フルコミッション

フルコミッションとは、契約の本数に応じて給料が変わる、成果報酬型の給与体系のことです。

時給制の場合、
稼げる金額はバイトと大して変わりません。

しかし、フルコミッションの場合、契約数に応じて給料が変わるので、青天井に稼ぐことが可能です

圧倒的に稼ぎたいのであれば、フルコミッションがおすすめです。

 

2.1契約あたりの給料が高い

フルコミッションであることを前提として、1契約あたりの給料が高いほうが稼ぎやすいです。

1契約あたりの給料が高い求人を狙う場合、会社が扱っている商材に注目しましょう。

商材の単価が高いほど、利益も大きいので給料が高くなりやすいです

例えば、太陽光パネルや蓄電池などの住宅環境設備、あるいは通信回線などの商材を売る場合、
1契約あたりの給料が高いです。

私は蓄電池の営業をしていましたが、
1契約あたりの給料が8~12万円でした。

8~12万円と幅があるのは、実績を上げるにつれて、1契約あたりの給料が上がる仕組みになっていたからです。

 

 

稼げる人は一握り

稼ぎやすいといっても、誰もが稼げるわけではありません。私のしていたインターンでは、稼げなくて辞めていく人がかなり多かったです。

しかし、一握りの優秀な人たちはかなり稼いでいました。実際に月100万稼ぐ学生もいます。

実力次第で、青天井に稼ぐことは可能です。
しかし、稼げる人は一握りで、大半は稼げないのが現実です。

 

 

営業インターンのデメリット

営業インターンは、フルコミッションであることを前提として、実力次第で青天井に稼げる反面、給与面のデメリットが2つあります。

 

1.稼げるまでに時間がかかる

営業インターンを始める学生の大半は営業未経験です。当然、営業が出来るようになるまで時間が必要になります。

その上、扱う商材の単価は高い傾向が多いので、一筋縄では売れません。

私のしていたインターンでは、新人が初契約を取るまで2、3ヵ月かかるのが普通で、長くて半年かかる人もいました。

そのため、営業インターンを始めて数ヵ月は
基本的に無給です。

すぐに結果が出るわけではないので、最初の数ヵ月は我慢が必要になります。

 

2.安定しない

フルコミッションの場合、バイトや会社員と違って、働いた時間ではなく、成果に対してお金をもらいます。

そのため、
契約を取れなければ給料がもらえません

誰だって調子の波があるので、契約がたくさん取れる月もあれば、まったく取れない月もあります。

毎月コンスタントに契約を上げるのは至難の業です。

そのため、給料が月によってバラバラで、
全く安定しません。

今月50万稼げたとしても、来月給料がない可能性も十分あります。

 

 

給料が振り込まれる
タイミングは要チェック

契約を取ったからといって、その日に給料が振り込まれるわけではありません。

私は蓄電池という住宅環境設備を売っていましたが、契約をして、蓄電池の導入工事をした翌月末に給料が振り込まれる仕組みになっていました。

工事日は契約の1~2ヶ月後が一般的なので、契約の3~4ヶ月後まで給料を待たなければなりません。

キャッシュフローがとても遅いため、契約を取ってもお金に困ることが多々ありました。

このように、給料が振り込まれるタイミングはとても重要なので、営業インターンを考えている学生は要チェックです。

 

 

求人情報を鵜呑みにするな

求人情報に書いてある給与体系が
本当とは限りません。

私のしていたインターンでは、時給制かフルコミッション制のどちらかを選べると求人情報に書かれていますが、実際には時給制が存在せず、フルコミッションのみの給与体系になっています。

このようなやり方をする企業は
他にも多く存在します。

求人情報に時給制かフルコミッションを選べると書いてあったら注意しましょう。フルコミッションのみの場合が多いです。

 

 

最後に伝えたいこと

ここまでご覧頂きありがとうございます。

この記事では営業インターンのお金事情について書きましたが、これらはすべて目先のお金の話です。

インターンをする上で、
あまりお金のことは気にしないで下さい

なぜなら、インターンの醍醐味はスキルを得ることだからです。

学生のうちにスキルを身に着ければ、将来社会に出て活躍して、高い給料を得られます。

インターンで得られる給料より、社会人として活躍して得られる給料の方が断然高いです。

目先のお金よりも、将来につながる経験を大事にして下さい。そうすれば、将来圧倒的に稼げるようなります。

 

いかがでしたか?
ご感想やご質問頂けると幸いです。

他にも営業や長期インターンに関するコンテンツを発信しているので、是非ご覧ください!

下のボタンを押して
Twitterのフォローもお願いします!

投稿者: イケ

現役上智大生ブロガー/23卒/大学に入ってすぐ長期インターンで1年半飛び込み営業/趣味は筋トレとフットサル/個人で稼げるようになる/大学生、社会人向けに、インターンや営業に関するコンテンツを発信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA